ムーンスターレタッチnews.jpg

日本が誇るシューズメーカーMoonStarとのコラボレーション。
シンプルでオーセンティックなモデルをベースにEPOCA UOMOらしいデザインに。

MoonStar
ゴム産業の街として知られる福岡県久留米市で、明治6年(1873年)に地下足袋から始まり140年以上もの間、
日本人の足型を研究し、製品へのこだわりで今でも変わらない履き心地の良さを保ち続けてきた。積み上げてきた
伝統や技術を活かし現代のライフスタイルに向けた商品開発を実施。久留米で続けてきた靴作りに、自信と誇りを
込めた Made in Kurume の靴を作り続けている。

スニーカー修正後1.jpg

スニーカーぶら下がりランダム修正後レタッチ.jpg

木型
日本人の足を知り尽くしたMoonStarオリジナルの日本人に合ったモデル。

アッパー
太番手の糸を使用した、綾目のしっかりした表面感が特徴の厚手でタフな綿素材。シューホール周りとかかとの
一部にピッグスキン(このピッグスキンは希少な日本製でクロムを一切使用していないエコレザー)を使用して
メリハリをつけています。

シューレース
ナチュラル過ぎず、かつ締めやすくほどけにくい、光沢感が大人っぽいポリエステルジャカードテープを使用。
剣先にはメタルチップを施し、カジュアル過ぎない仕上げ(取り外し可能なブランドプレート付)

フォクシングテープ、トゥガード
フォクシングテープはベースに布が入ったボリュームのあるタイプの物を使用。トゥガードは鹿の子柄の物を選定。

ソール
しなやかで柔らかく丈夫で壊れにくい、美しいシルエットが保てるヴァルカナイズ製法。ひとつひとつ手作業でソールを
成型しており、フォクシングテープ、ソールなどゴムを使用する箇所によってゴムの配合を変え、それぞれの耐久性や
クッション性、剥がれにくさを可能にしています。

ヴァルカナイズ製法
生ゴムに硫黄を加え、熱反応をさせることで弾性や強度のあるゴムに変化させる化学反応を利用した靴の製法の一つ。
底とアッパーの結合が強く丈夫で壊れにくく、接着と結合を同時に行うため型崩れしにくいメリットの反面、人の手が
かかるため、現在国内でこの製法ができる工場は少なくなってきています。

ホワイト、ネイビー、カーキの3カラー展開。各¥17,000+tax

全国のショップで好評発売中。
SHOP LIST
オンラインストアでは1/26(木)より発売開始
ONLINE STORE

MoonStar公式HP